自動車製造工程でのビジョンガイドロボット(VGR)

車体シーリングのための特徴検知

労働集約型の自動車産業

自動車製造において高品質な製品を製造するためには同期可能な複数の段階を経る必要があります。これらの工程における部品の位置合わせは、従来のビジョンシステムには達成できない精度と高いレベルのロボットのサポートが必須です。

レーザー三角測量法の限界

自動車のシーリング工程では材料の節約やロボットの衝突回避のために正確性が要求されます。巨大な自動車部品において一般的にはレーザー三角測量法によるスキャンを行いますが、この方法にはスキャン視野範囲に限界があり、大きな誤差や間違った部品位置合わせが生じ、基準に満たないものの生産につながってしまいます。

AI & 3D特徴検知

SolomonのVGRソリューションであるSolmotionは先進のAIと3Dテクノロジーにより、自動車車体シーリングの様な複雑な製造工程のアシストが可能です。複数の異なるモデルの車体も一つのシステム内に学習させられます。車体の一部分である特徴エリアの3Dポイントクラウドデータをキャプチャし、生産ライン上で素早く車体が判別されます。機械学習ベースの認識では、その時の車体の位置や向きに関わらず、複数台ロボットシステムがシーリング経路をリアルタイムで生成、調整するのを手助けします。
インテリジェントビジョンシステムで部品加工工程の改善をしませんか。
自動化プロセスで類似のお悩みはございませんか?
さらに多くのケース
  • Multi Colored Plastic Round Toy

    繊維の欠点検査の最適解

    現在繊維産業の生産現場では目視検査が主となっていますが、不良品流出率の高さ、工程時間の長さが問題となっています。繊維の欠点としては紙管の汚れ、変形、繊維の汚れ、繊維の破損、繊維の捩れ、ヘアラインなど多岐にわたります。目視検査では実際の要求品質に見合った検査はできず、従来式の光学検査(AOI)では欠点の認識に柔軟性がないため誤判断が多く、目視検査で再検査しなければなりません。労働コストを最適化するためには、繊維の検査は高効率なものでなければならないのです。
  • Pickup truck production line, workers are working

    電動車の部品組み立てSOPの検証

    META-aiviのAR + AI機能が世界をリードする電気自動車メーカーの一つの電気自動車の組み立て検証と品質管理を向上させた方法を発見してください。
  • graphic showing robotic grinding of metal bicycle frame using SolMotion VGR software

    ビジョンガイドロボティクスによる3Dオブジェクトの位置決め

    SolMotionの高度なAIは、部品の位置、向き、外観に関係なくランダムに配置された自動車部品を検出する能力があり、組み立てを最適化します。
  • metal or plastic injection mold machine setup on high pressure

    射出成形機の運用状況監視

    META-aiviは、機械の自動故障検出と監視によってプラスチック射出成形を最適化し、効率性を向上させ、停止時間を削減し、コストを削減します。