green bottle lot

SolVision導入事例

ガラス瓶のカビ汚れ検査

AIによるガラス瓶内壁のカビ汚れ

環境保護グリーン経済を確実にガラス瓶の再利用

環境保護理念を確実にするため、国内外の酒造会社はガラス瓶容器の回収・再利用に努めています。洗浄と高温消毒処理の後のガラス瓶は直接容器として使用可能であるが、目視検査で異物あり、破損あり、摩損がひどいものはごみとして分類される。

従来式光学検査でのカビ汚れの検出は極めて困難

ガラス瓶内壁のカビ汚れは洗浄消毒工程後も残留し易く、洗浄の段階で検査排除できれば理想的です。しかし、洗浄ライン上で回転しながら移動するビンは常に一定方向に定まらず、ビンの印刷もあるため肉眼ではカビを見つけることは難しく、従来式の光学検査方式(AOI)でも手に負えません。

SOLOMONのAIマシンビジョンでカビ汚れを逃さない

SOLOMON社製検査ソフトウェア、SolVisionのAIプラットフォームのセグメンテーション技術により、カビ汚れのイメージを学習できます。カビ汚れの位置、色、外観的特徴を自動で認識します。それによりガラス瓶のカビ汚れを高精度で検知・排除することが可能です。回収再利用されたガラス瓶の品質を維持できます。

瓶の検査事例

カビの分布
検査結果
関連記事
  • pile of shiny metal bolts

    AIを使用した金属ボルトの欠陥検出

    SolVision は、反射面の課題に対処し、ボルト1本あたりわずか 49 ミリ秒で完璧な100%の欠陥検出率を実現し、偽陰性を排除します。
  • 自動車エンジン番号のOCR文字認識

    Solvision AIビジョン検出技術を活用して、自動車エンジン上の文字を迅速かつ正確に識別し、人間の目視による認識エラーを減らし、効率を向上させます。
  • 織物のカラーテープ欠陥検出

    AIビジョン技術を用いて織物テープの欠陥を検出し、全体の効率を加速し、生産ラインの生産性を向上させます。
  • brown cookies on white ceramic plate

    AIを活用した加工食品検査

    食品加工業では衛生と安全が非常に重要で、加工途中での品質保証(Quality Assurance, QA)と品質管理は製品の品質と水準を高める鍵となっています。食料品をハイスピードで大量生産を行うライン上では外観検査が製品品質を守る最重要防御線となります。