gearwheels of a car engine valve train

AccuPick導入事例

AIを利用した自動ギアの積み込み

お客様

お客様はアジアに拠点を置く大手自動車部品メーカーです。

課題

自動化された自動車部品製造における積み込み

自動車部品メーカーは従来、積み込み作業において手作業に依存していました。このアプローチは労働集約型であり、特にギアなどの金属部品の量や重さが大きいため、労働者の能力や現場の状況によって積み込み効率が変動することがあります。これらの課題に対処するため、自動車部品メーカーは自動化された積み込みシステムを採用し、生産効率を向上させ、手作業に関連するリスクを減らすことを目指しています。

gearwheels of a car engine valve train

挑戦

普通のマシンビジョンシステムの制限

現在、工場の自動化には主に2つの主要な技術が支配しています:(1) 操作エリア内に配置された産業用カメラの使用と (2) ロボットアームに取り付けられた産業用カメラの使用です。これらのカメラは、物体の相対位置を正確に特定し、ロボットアームのガイダンスを容易にし、積み込みおよび積み下ろしタスクを実行します。ただし、側面からの物体の照明が環境の照明の干渉によって妨げられる環境では、課題が発生します。さらに、小さな歯車のサイズ、反射材料、油の汚染、およびビン内の作業ピースの乱雑な積み重ねなどの問題が、普通の機器視覚システムに対して重大な課題を提起し、結果的にロボットアームの把持効率の低下につながります。

ソリューション

AccuPickを使用した自動歯車の積み込み

産業用カメラと高度なAIを使用して、AccuPickはわずかな画像サンプルから歯車の積み重ね状態や角度を学習し、分類します。AccuPickの動作計画モジュールは迅速に最適なロボットの経路を計算し、ロボットアームが異なる角度から歯車を正確に取り出し、ビンとの衝突を回避します。

結果

精確なピッキングと衝突回避により、効率が向上しました。
自動化により、より高い生産性のための連続運転が可能になりました。
職業健康リスクが軽減されました。
関連記事
  • gearwheels of a car engine valve train

    AIを利用した自動ギアの積み込み

    AccuPickは、自動化されたギアの積み込みによって自動車部品製造を向上させます。AIによるビジョンシステムは、正確なピッキングと衝突回避を確実にします。
  • assorted metal parts

    ランダム配置のオブジェクトのピッキング-SIEMENS India様

    Solomonは、AccuPickの3D AI定位技術とSolScan 2.3 MPスキャナーに基づいて、Motion Techniqueが各部品の潜在的な方向を正確に識別できるようにしています。AccuPick ROSの経路計画により、ロボットが選別タスクを実行する際にゴミ箱との衝突を回避できるように保証されています。
  • a stack of textile spindles behind a yellow robot arm

    3D AIビジョンソリューション

    Solomonの3D AIソリューションーSolomonの3Dスキャナがロボットアームの先端にマウントされており、そこからのスキャンとAI画像認識システムでのボビン位置の認識を可能としています。精密な座標(誤差±3mm)情報により、このシステムはロボットが正確に積み下ろしのタスクをこなしてボビンを次のステーションへ運ぶことに貢献しています。
  • Automotive Kitting and Assembly Line Automation

    機械アームを活用してキットおよび組み立てラインの自動化を実行します

    ソロモンのAccuPick 3D、ソロモンのAIベースの3Dボックスピッキングプログラム、および構造光スキャナーSolScanは、複雑なオブジェクトを精密に識別することで優れたパフォーマンスを発揮します。ソロモンのソリューションを搭載することで、機械アームは重なり合ったり複雑なオブジェクトの中から正確なグラブポイントを効果的に識別し、厳密な公差要件(1mm未満)を満たすことができます。