close up of switchgear in a smart factory

AccuPick導入事例

ランダム配置のオブジェクトのピッキング-SIEMENS India様

カスタマー

お客様はインドに本拠を置くシステム統合企業であるMotion Techniqueです。彼らはインドにおけるシーメンスのスイッチ製造工場向けに新しいプロジェクトを立ち上げています。

カスタマーのご要望

SIEMENSで求められたタスクは、ラミネートされた鉄製オブジェクトの3次元的な位置と向きをビジョンシステムで正確に認識し、ロボットをガイドしてピックしてコンベヤ上の決められた位置にプレースすることでした。

解決すべき課題

部品の入っている容器(740x365x230mm)の深さと、部品サイズの小ささのため、長い形状のグリッピングツールを使わざるを得ませんでした。加えて部品が複雑形状であるのでピッキングの角度は制限され、またランダムな配置のためCADベースでの部品位置特定技術は使用できませんでした。
Cases Studies - SIEMENS INDIA
Case Studies - SIEMENS INDIA

Solomonのビンピッキングソリューション

SolomonはAIベースの位置特定技術を用いており、2.3メガピクセルの3Dスキャナにより3Dポイントクラウドデータを生成、モーション技術で各部品の3次元的な位置と向きを特定します。これにより、独自に設計されたスライダーへの部品投入を可能にしました。更に、AccuPickのROS(Robot Operating System)モーションプランニングにより、ロボットは容器への衝突を回避しながらピッキングのタスクを進めることができます。 実際にはSIEMENSの要求課題である3Dスキャン、認識、モーションプランニング、ピックとプレースの全工程をUR10ロボットとの組み合わせで6秒のサイクルでこなしています。

カスタマーの声

この困難な課題解決のためにAccuPickを選んで本当に良かったです。このプロジェクトでは広い範囲面積と1250mmという長いワークディスタンスでも、±1mmというピッキング精度が要求されます。部品は小さく、また他の部品ともつれてしまうためピック動作で力が必要となります。部品が入った容器は深さがあり、長尺のグリッピングツールには様々な複雑な要因と制限がかかります。例えば容器にグリッパが衝突する可能性やピッキング角度の制限です。Solomonのチームは最大限の努力をして各課題を解決し、サイクルタイムも短くしてもらえました。また、ROSモーションプランニングはロボットによるピッキングにおける魔法の様なものだと感じました。この複雑なプロジェクトはSolomonのピッキングソリューション以外では解決できるものではなかったと思っています。
Case Studies - SIEMENS INDIA Uday Mali - Motion Technique (India) Pvt. Ltd.Motion Technique (India) Pvt. Ltd.

Uday Maliディレクター
Motion Technique(India)Pvt. Ltd.

関連記事
  • inside a 3PL distribution center

    壊れやすい品物の取り扱いと配置

    ソロモンの最先端のロジスティクスソリューション、AccuPickは、AIアルゴリズムと3Dイメージングを活用して、未知のアイテムをピックアップする際に先頭を走る存在として、ブラインドテストで登場しました。
  • automated depalletizing in a warehouse

    自動化された倉庫の積み降ろし

    AccuPickは、AIの深層学習と機械ビジョンを組み合わせ、複数のボックスを一度にピックして配置することで、自動的なパレットからの商品取り出しを実現します。
  • assorted 5mm washers

    小さな部品のビンピッキング

    AccuPickは、ソロモンのスマートビンピッキングソリューションであり、顧客にワークステーション内で50種類以上の異なる部品を識別できる包括的なビジョンシステムを提供します。
  • gearwheels of a car engine valve train

    AIを利用した自動ギアの積み込み

    AccuPickは、自動化されたギアの積み込みによって自動車部品製造を向上させます。AIによるビジョンシステムは、正確なピッキングと衝突回避を確実にします。