射出成形機の運用状況監視

お客様

お客様は国際的に有名な自動車産業向けプラスチック部品製造メーカーです。

アプリケーション

射出成形機の課題

プラスチック射出成形のプロセス最適化する一環で、お客様は信頼性の高い効率的な、射出成型機の不具合を自動で検出するシステムの確立を検討されていました。以前はオペレーターによる射出成型機の監視に依存していましたが、その原始的なプロセスでは機械停止時間が必要以上に伸びることと、高いメンテナンスコスト発生のリスクがありました。

お客様は、プラスチック射出成形機と生産システムとのスマートな連携の方法が見つからず、様々な課題に直面していました。これにより、本案件の射出成型機の不具合検出システムの実装が進まず、稼働状況のリアルタイムでの状況把握ができずにいました。生産現場では機械の故障、頻繁なメンテナンス、および生産の中断などのリスクに常に晒されていました。

metal or plastic injection mold machine setup on high pressure

ソリューション

IPカメラを使用した不具合検出

射出成型機と生産システムとの連携および制御の課題を克服するために、我々はMETA-aivi AI画像認識技術とIPカメラを組み合わせた革新的なソリューションを実装しました。射出成型機の金型の排出ピンが引き込まれない場合、システムは即座に通知を発し、機械を一時停止させます。このシステムによる操作の安全性を確保し、作業中断のを最小限に抑えることが可能です。この効率化されたソリューションは、不具合検出を自動化させることで、オペレーターによる監視の必要性を減らし、計画外の生産ライン停止を防止することにより、生産効率を向上させることができました。

結果

オペレーターによる目視での不具合検出の自動化
生産ライン停止時間とメンテナンスコストの削減
さらに多くのケース
  • green bottle lot

    ガラス瓶のカビ汚れ検査

    ガラス瓶内壁のカビ汚れは洗浄消毒工程後も残留し易く、洗浄の段階で検査排除できれば理想的です。しかし、洗浄ライン上で回転しながら移動するビンは常に一定方向に定まらず、ビンの印刷もあるため肉眼ではカビを見つけることは難しく、従来式の光学検査方式(AOI)でも手に負えません。
  • Kitting and Assembly Line Automation

    Equipped with AccuPick, Solomon’s AI-based 3D bin picking software, and SolScan, a structured light scanner, our solution excels at accurately recognizing intricate objects.
  • プリント回路基板(PCB)部品実装検査

    プリント回路基板(Printed Circuit Board, PCB) は電子部品の中でも最も重要な部品で、各種電子部品を搭載しています。プリント回路基板を実装した後、部品の種類や位置など部品が正しく組み込まれているかを必ず詳細に確認をしなければなりません。これにより初めてPCBA(PCB Assembly)が正しくなされていることを確認できるのです。
  • assorted metal parts

    ランダム配置のオブジェクトのピッキング-SIEMENS India様

    Solomonは、AccuPickの3D AI定位技術とSolScan 2.3 MPスキャナーに基づいて、Motion Techniqueが各部品の潜在的な方向を正確に識別できるようにしています。AccuPick ROSの経路計画により、ロボットが選別タスクを実行する際にゴミ箱との衝突を回避できるように保証されています。